FXやっててダウ理論を知らない人はいない?それほど有名

ダウ理論、これでどう稼ぐ?

深~い説明が欲しい場合はGoogleさんに聞いてみてください。

稼ぐためにはどう解釈したら良いのかまとめるための内容です。

一応まずはさらっと概要をどうぞ↓↓

目次

ダウ理論って?

ダウ理論は19世紀に活躍した金融ジャーナリストのチャールズ・ダウって人が構築した理論との事です。

チャールズ・ダウはあの有名なダウ・ジョーンズ工業株平均株価を開発したというとても凄い人。

古すぎてビックリ。

それが今なおチャート分析の基礎として使われている事に感動します。

ダウ・ジョーンズ工業株平均株価を開発したというとても凄い人。

チャールズ・ダウが構築した「ダウ理論」は株価だけでなくFXの値動きにも十分通用するという事で記憶したいですね。

ダウ理論の理論は6つある

  1. 市場はすべての事象を織り込む
  2. トレンドは3種類ある
  3. トレンドは3つの段階からなる
  4. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する。
  5. トレンドは複数の指標によって確認すべき
  6. トレンドは出来高で確認できる

で、稼ぐためにはどう解釈するのか?

  • ファンダメンタルズも必要かもしれないけれどチャート表だけ見て分析すれば良いよ。
  • 色々な指標見てトレンドを見つけよう。明確な転換シグナル出るまでトレンドは継続する。
  • トレンドは3種類あって、短期、中期、長期に分けられる。また、先行期、追従期、利食い期がある。現在はどの状態なのか見極める必要がある。

理論だしこれくらいシンプルに理解しておけば良いかなと。

この理論をベースにテクニカル分析のスキルを磨けばお金は増えるはず。

鍛えるスキルは「トレンド発見スキル」「転換シグナル発見スキル」ですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる