FXでは3つのピラミッティング手法を駆使してお金を増やそう

今回の記事は、

  • ピラミッティングって何?
  • FXで大きな利益を狙いたい
  • FXの手法を探している

こんな悩みに向けての記事となっています。

実は、FXでこのピラミッティング手法を使って大金を手にした人は多いようです。

この記事ではそんなピラミッティング手法を3つ紹介しています。

記事を読み終えると、相場で試したくなると思います。

ピラミッティング手法は最強の武器エクスカリバーのような手法です。

手に入れる(手法を習得)難易度は高いですが、それだけ価値はあります。

目次

ピラミッティング手法とは

ピラミッティング手法は相場状況に合わせてロット数を調整して、さらにポジション量を増やしていく手法です。

基本的に使用する相場状況としてはトレンド相場です。

そのトレンド相場中の押し目や戻りのタイミングでポジションを積み増しして利益を最大化します。

ナンピンとピラミッティングの違いについて

ピラミッティングと同じようにポジションを積み増ししていく手法としてナンピンがあります。

違いについてそれぞれ箇条書きにしてみました。

ナンピン
  • 最初に持ったポジションとは違う方向に動いたとき、それを助けるために逆張りでポジションを積み増していく。
  • 含み損が増える可能性大。
  • 価格が戻るまで長期戦になるかも。
  • メンタル面への負担は大きい。
ピラミッティング
  • トレンド方向に向かって積み増していく。
  • 積み増していくときに損切ポイントを同じ価格にすれば損失がなくなる。
  • メンタル面への負担は少ない。
  • ただしデイトレードでやろうとするとハラハラする。

ピラミッティングよりナンピンの方がリスクが高くあまり有利な手法とはいえません。

これらの違いを理解して一緒にしないようにしましょう。

3つのピラミッティング手法を紹介

スケールダウンイコール・ポジションピラミッティングリフレクティングピラミッティングについて紹介していきます。

これらはロット数の調整、ポジションの積み上げ方で分類されています。

スケールダウン

積み上げタイプ。リスク少なめ。

最初のエントリーが10万通貨だとしたら次に5万通貨、2.5万通貨とロット数を減らしながら積んでいく手法のことです。

イコール・ポジションピラミッティング

増し増しタイプ。ガンガン行こうぜ系。リスク高。

最初に持ったロット数と同じロット数を買い増していきます。

これは、デカイ利益が狙える代わりにデカイリスクを負う手法です。

リフティングピラミッティング

提灯タイプ。リスクと利益のバランス型。

前半は少ないロット数でエントリーしていき段々と増やす。

後半は段々とロット数を減らしていく。

FXでピラミッティング手法を使うときの注意点

使うタイミング

トレンド相場のみでしか使えません!

これかなり重要です。

レンジ相場で使うと爆死必至。

膨大な維持率があれば耐えれますが、かなり精神をやられます。

そこで、相場を見てレンジ相場なのかトレンド相場なのか見極めができる裁量技術が必要です。

移動平均線、ボリンジャーバンドが見やすいよね(  ̄ノ∇ ̄) ̄ー ̄)ヒソヒソ

メリット・デメリット

最大のメリットとしては、ピラミッティングを行うとトレンドが続く限り驚くほどの利益を手に入れることができます。

デメリットとしては資金管理が難しいピラミッティング手法を習得するまで練習が必要といったところだと思います。

また、ピラミッティング手法はトレンドに向かってポジション量を増やしていくため、平均購入単価が上がっていきます。

そのため、少しの下落で利益が減ります。

利確ポイント、損切ポイントを明確にして調整することが必要です。

まとめ

  • ピラミッティング手法はFXでお金を増やすために効率的かつ効果的な手法。
  • ナンピンとピラミッティングは違う手法。
  • スケールダウン、イコール・ポジションピラミッティング、リフレクティングピラミッティングについて紹介。
  • 使うときの注意点

これらの内容を理解して使うことでピラミッティング手法を手に入れ、大きな利益を目指していけると思います。

まずはデモトレードから試験的に行うことをオススメします。

爆益目指して頑張りましょう╭( ・ㅂ・)وグッ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる