『FXの6大リスク』と借金の可能性について

今回の記事では、

  • FXのリスクってどうなの?
  • 大きな借金になるの?
  • どんなリスクがあるの?

こんな悩みに向けての記事となっています。

実は、このリスクを知らずにFXを始めてしまうと後で後悔してしまうこともあります。

しっかりとリスクを把握したうえでFXに取り組みましょう。

この記事ではそんな「FXのリスク」について紹介していきます。

目次

FXのリスクは6つ

  1. 流動性リスク
  2. 信用リスク
  3. 金利変動リスク
  4. スリッページリスク
  5. システムリスク
  6. レバレッジリスク

流動性リスク

為替市場の状況によっては、保有したポジションを決済したり新たにポジションを立てたりすることが難しくなったりします。

基本的には主要国の通貨は値幅もあり、流動性が大きくあります。

しかし、この値幅、流動性がかなり低下することがあります。

  • 主要な国が祝日
  • 月曜のオープン時間やNY時間クローズ間近
  • 天変地異、戦争、政変、為替政策の改変など特殊な状況で特定の通貨が取引困難か不可能になる

これらのことが起こると通常の営業時間であっても業者がレートの提示困難になったり、スプレッドが広がりすぎて取引条件が不利になります。

これが流動性のリスクです。

信用リスク

これは自分の資産状況変化や不正をしたりすると取引が制限されたり口座開設できなくなったりするリスクです。

金利変動リスク

自国の状況に応じて各国々で政策金利を決めています。

政策金利は変動します。

金利の変動は2通貨間の金利差調整額(スワップポイント)に大きく影響します。

そのため金利差で利益を得ようとしている場合は常に払い出しが一定とは限らないことを知っておく必要があります。

スリッページリスク

経済指標発表などイベントの際に為替レートが急激に変動したりします。

その時に提示された為替レートより乖離した状態で約定さてしまうリスクがあります。

また、急激な為替変動はロスカットの価格と約定した価格に差が出ることがあり、損失を被る可能性があります。

システムリスク

FX業者の破綻、電子取引システムの不具合、通信機器の故障などインフラの障害により取引ができなくなるリスクのことです。

レバレッジリスク

ハイレバレッジをかけた時に起こるリスクのことを指します。

レバレッジはFX最大の魅力であり最大のリスクだとも言われます。

ハイレバレッジでトレードをすると資金を一気に増やす可能性もありますが、同時に一気になくなる可能性もあります。

そこで、ある程度のレバレッジで抑えながら利益を積み重ねていく方が有効です。

FXで借金を作ることはあるのか?

基本的にFXではロスカットという制度があります。

これは残高がマイナスになることが無いようにFX業者が強制的にポジションを決済することを指します。

しかし、借金になる3つの場合があります。

急激な変動を起こした場合

予測不能な大事件が起きたりすると為替がとてつもない動きをすることがあります。

そんな時、あまりに急激な変動でロスカットが本来の範囲よりかなり遅れて発動してしまいます。

そうなるとズレた分が損失となり残高がマイナス(借金)ということになります。

特にマイナー通貨のペアはとんでもなく動きますのでご注意を。

業者のトラブルで取引ができなくなる

これが起こった場合、どうすることもできません。

さすがに業者が補填してくれるとは思いますが、恐ろしいです。

ただ、可能性としては低いと思います。

週明けの「窓」

FXは土日が休みですが、その間に大きな出来事が起こると金曜日の最終レートからかけ離れたところからスタートします。

その隙間を「窓」と言います。

その窓の大きさが大きすぎてロスカットが間に合わず借金になってしまうこともあります。

これもそんな損失になるような窓は見たことがないので可能性としては低いのではないかと思います。

土日にポジションを持ち越す場合は注意しましょう。

まとめ

  • FXには流動性リスク、信用リスク、金利変動リスク、スリッページリスク、システムリスク、レバレッジリスクの6つがある。
  • FXで借金を作ってしまう可能性は3つある。

FXは小資金から大きな資産へと変えるチャンスがあります。

リスクを把握して上手に相場と向き合えるようになる必要があります。

それはスキルを磨くことだけではなく、自分の感情や欲望のコントロールも含まれます。

私もまだまだ修行途中です。

鍛えていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる