『サポートライン・レジスタンスライン』の引き方、使い方でFXの勝率を上げる

今回の記事では、

・サポートライン、レジスタンスラインって何?

・ラインをどうやって引くの?

・ラインの使い方は?

こんな悩みに向けての記事となっています。

実は、このサポートライン、レジスタンスラインは多くのトレーダーが意識するラインです。

このラインを知っているかどうかでFXの勝率が変わってきます。

この記事ではそんな「サポートライン、レジスタンスライン」について紹介していきます。

目次

サポートラインとは?

サポートラインとは、「支持線、下値支持線」とも言われます。

価格がサポートラインまで下がってきたらそのライン上で反発しやすい線です。

何度もレートが跳ね返されている部分に水平線を引くとそこがサポートラインとなります。

何度も跳ね返されるということはその価格で大きな買い注文が入り、支えられているもしくは支持されているという状態になります。

1度の安値ではなく2回以上反転しているところというのがポイントです。

レジスタンスラインとは?

レジスタンスラインとは、「抵抗線、上値抵抗線」とも言われます。

価格がレジスタンスラインまで上がってきたらそのライン上で反発しやすい線です。

サポートライン同様、何度もレートが跳ね返されている部分に水平線を引くとそこがレジスタンスラインとなります。

何度も跳ね返されるということはその価格で大きな売り注文が入り、上昇に対して抵抗しているという状態になります。

1度の安値ではなく2回以上反転しているところというのがポイントです。

サポートラインとレジスタンスラインの引き方

上記でも説明しているように「1度の安値ではなく2回以上反転している」部分にラインを引くとラインに対する信頼度が上がります。もちろん、1度の安値、高値で引いてもOKです。

赤がレジスタンスライン、青がサポートラインです。

ラインはローソク足に引くの?ヒゲ先に引くの?

FXを始めたての頃は、実際にチャートを見てラインを引こうとすると手が止まります。

ローソク足に引くのか?ヒゲ先に引くのか?

そんな時におすすめの方法があります。

これは初心者だけでなく経験者でも役立つと思います。

それは、ゾーンで捉えるということです。

2本の線の間で売買が盛んになると考えることができ、さらに抜けるのか?支えられるのか?など様子を見ながら無駄なトレードを減らすことができます。

サポートラインとレジスタンスラインの使い方

ここまでは、サポートラインとレジスタンスラインの意味や引き方をお伝えしてきました。

ここからは実際にトレードでどうやって使うのかについて掘り下げていきます。

基本的な使い方を2つ紹介

① 押し目買い、戻り売りを狙う

サポートライン、レジスタンスラインが分かれば図のように押し目買い、戻り売りのチャンスを手にすることができます。

1回目の押し目買い、戻り売りのポイントに対して様子見して2回目の押し目買い、戻り売りのポイントのみエントリーするというのもありだと思います。

② ラインブレイクの勢いに乗る

サポートラインとレジスタンスライン付近では「買いたい勢力」と「売りたい勢力」が激しくぶつかり合う戦場になります。

そんなラインでの戦いを制してラインを抜けたらとても強い勢いで抜けていきます。

その勢いに乗っかるトレードになります。

応用的な使い方

色々な時間足でサポートラインとレジスタンスラインを引いて分析精度を上げる

例えば、5分足だけを分析してトレードする場合とその他の時間足を分析してトレードをする場合では「木を見て森を見ず」の状態になり勝率が変わってきます。

そこで、トレードを始める前に週足→日足→4時間足→1時間足→15分足→5分足と順番に分析していき大きな方向性と目先の方向性を確認します。

その後にサポートラインとレジスタンスラインの出番です。

それぞれの時間足で引いていきます。

そうすることでエントリーと決済のタイミングを分析できるようになります。

例↓↓(ドル円の日足と4時間足)

まずは4時間足のサポートライン、レジスタンスラインの中でレンジもしくはブレイクするのではないかと判断し、ライン付近まで価格が推移するのを待ちます。

ラインとラインの中間あたりでのエントリーは方向性が定まっておらず無駄なエントリーとなってしまう可能性があるので控えましょう。

サポートラインまできたら買いエントリー、レジスタンスラインまできたら売りエントリーを試します。

もしくは様子を見てブレイクした方へエントリーすることもあります。

まとめ

  • サポートラインとは、「支持線、下値支持線」とも言われる。
  • レジスタンスラインとは、「抵抗線、上値抵抗線」とも言われる。
  • サポートラインとレジスタンスラインの引き方は1度の安値、高値で引いてもいいが、1度の安値ではなく2回以上反転している部分にラインを引くとラインに対する信頼度が上がる。ローソク足に引くのか?ヒゲ先に引くのか?で迷ったらゾーンで捉える。
  • 基本的な使い方押し戻りとブレイクアウトを狙う。色々な時間足で分析するとより分析力が上がる。

これまで説明してきた「サポートライン、レジスタンスライン」は多くのトレーダーが意識するラインです。

ぜひこのラインを使ってみてFXの勝率を上げていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる