FXの『スワップポイント』狙いで稼ぐために知っておきたい3つのポイント

今回の記事では、

  • FXのスワップポイントって何?
  • スワップポイントで稼げるの?
  • どの通貨ペアが狙い目なの?

こんな悩みに向けての記事となっています。

実は、FXのスワップポイントを使って不労所得を得ようとしている人がたくさんいます。

しかし、仕組みやどのようなものか知っておかないと損をするだけになってしまいます。

そこで、この記事では「FXのスワップポイントで稼ぐために知っておきたい3つのポイント」について紹介していきます。

目次

スワップポイントとは

スワップポイントとは、FX取引を行ったときに発生する金利差調整額のことです。

FXは2国間の通貨を交換する取引です。

取引の際にそれぞれの通貨金利も交換します。

この通貨金利は各国で異なっており、また経済状況により変更されます。

その差額を調整するため「スワップポイント」という仕組みがあります。

スワップポイントは毎日付与、または支払いとなります。

付与の方向に保有しておけば毎日コツコツとお金が増えることになります。

スワップポイントで損をしないために知っておきたい3つのポイント

①スワップポイントの基礎知識

通貨ペア、FX業者によって金額が違う

スワップポイントは2国間通貨の金利差ですので、通貨ペアが変われば金額が変わります。

その国の経済状況に合わせて金融、金利政策が変わっていきますので各国の動向をチェックしていくことが必要です。

また、FX業者が手数料など独自に考慮してスワップポイントを変えますので金額に差が生まれてきます。

そのため、「各国の金利」「もっとも条件の良いFX業者の選定」が必要となってきます。

土日の休みもカウントされる

市場が休みの土日でもスワップポイントはカウントされます。

金曜日に持ち越せば土日分のスワップポイントが加算されます。

②スワップポイント狙いのトレード注意点

スワップポイントを狙ってトレードをする場合、基本的には「高金利の通貨を買って長く保有する」というシンプルな戦略なんですけど注意点がありますので以下に紹介していきます。

高金利の通貨には高い確率で暴落のリスクがある

国が政策金利を高くする理由は色々あると思います。

しかし結局は「自国通貨の価値が下がって危機」だからというのが大きいと思います。

ということは、スワップポイント狙いで選んだ国がデフォルトを起こしてしまって暴落という可能性もあるということを覚悟しておく必要があります。

1日の価格変動が小さな通貨ペアを選ぶとリスクが減少する

各通貨ペアごとで1日の価格変動幅が違います。

変動が大きな通貨ペア、小さな通貨ペアが存在しています。

裁量トレードの場合、価格変動が大きいほど稼げるチャンスはあります。

しかしスワップポイント狙いの場合は長期保有が前提です。

価格変動の大きな通貨ペアを選んでしまうとあっという間にロスカットになってしまうこともあります。

そのため比較的緩やかな通貨ペアの方が向いています。

チャートを見るときに中・長期で有利な方向にトレンドがつきそうな通貨を選ぶ

これができれば苦労はしませんがこの通りです。

上記で説明したように暴落リスクは付きものです。

そのためチャートを日足、週足で分析して有利な方向に向かいそうか?

ということをしっかり分析する必要があります。

③スワップ狙いのトレードで効果的に利益を残すために必要なこと

金利差の大きな通貨ペア、FX業者を選ぶ

まずはここからスタート。

金利差の大きな通貨ペアを見つけて業者を比較する。

そしてチャートを見ながらチャンスやタイミングを探す。

今のところ「トルコリラ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円、ドル円」これらが高い。

チャートを見るときは日足以上の長時間軸でエントリータイミングを見計らう

長期保有が前提のため、エントリータイミングを見計らうことで利益を大きくしていきます。

狙った通貨ペアが週足、月足で上昇トレンド、日足で下落が反転しそうなタイミングがベストかもしれません。

エントリータイミングを辛抱強く待つ

スワップポイント狙いのトレードでは金利を狙うので値動きはあまり気にしなくてもいいですが、どうせなら値動きも利益にできるエントリーが望ましいです。

そこで適当にエントリーするのではなくタイミングの良いところまで辛抱強く待つということも大切です。

そうすることでリスクも減らせて利益を増やすことも可能となります。

ストップロスの設定を忘れずに

ポジションを持っているときに世界で何が起こるか分かりません。

急な要人発言や天変地異などレートが急変動することもあります。

そこでストップロスを設定しておくことで最低限のリスクで済みます。

ほったらかしではなく定期的にチャートを確認する

有利な方向にトレンドが続く限り保有はしていきますが、不利な方向へトレンドが転換しないか注意が必要です。

利益があるうちに手仕舞いも考慮しましょう。

その他スワップポイント狙いのトレード手法

サヤどり手法

受け取りスワップポイントが高いFX業者で買い、支払いスワップポイントが低いFX業者で売るという「両建て」をします。

こうすることでレートの変動による損失を抑えつつ、スワップポイントの差益を受け取ろうという手法です。

  • レート変動での影響は基本的には受けない。
  • 買いスワップポイント、売りスワップポイントの差益しか得られない。

上記2点のことからローリスクローリターンな手法となります。

まとめ

  • スワップポイントとはFX取引を行ったときに発生する「金利差調整額」のこと。
  • スワップポイントで損をしないために知っておきたい3つのポイント

①スワップポイントの基礎知識→通貨ペア、FX業者によって金額が違う、土日の休みもカウントされる。

②スワップポイント狙いのトレード注意点→高金利の通貨には高い確率で暴落のリスクがある、1日の価格変動が小さな通貨ペアを選ぶとリスクが減少する、チャートを見るときに中・長期で有利な方向にトレンドがつきそうな通貨を選ぶ。

③スワップ狙いのトレードで効果的に利益を残すために必要なこと→金利差の大きな通貨ペア、FX業者を選ぶ、チャートを見るときは日足以上の長時間軸でエントリータイミングを見計らう、エントリータイミングを辛抱強く待つ、ストップロスの設定を忘れずに、ほったらかしではなく定期的にチャートを確認する

  • その他スワップポイント狙いのトレード手法として「サヤどり手法」がある。

以上、ご紹介した内容を理解して相場で使っていくことで稼ぐことのできるスワップポイント狙いトレーダーになれますのでぜひ実践してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる