FXの気になる税金の話

目次

利益が大きくなったら気になるFXの税金について。

基本的には利益がたくさん出てから考えれば良いと思います。

それまではトレードに集中です。

ここでは、「いくら以上稼いだら考えればいいのか?」「大体どのくらいなの?」などザックリと頭の中に入れておいたらいいことを記載していきます。

「FX 税金」、「FX 海外口座」とググったらとても詳しく記載されてるサイトが出てきます。深く知りたいという方はそちらでご確認ください。

FXでいくら利益がでたら申告が必要なのか?

給与収入がある人⇒20万以上

他から収入がない人⇒38万以上

毎年1月1日~12月31日までの期間の損益。

翌年の2月16日~3月15日に申告。

国内FX業者と海外FX業者では税金の仕組みが違うので注意が必要。

国内FX業者

税率:一律20.315%

「申告分離課税」による税率が適用。所得税の税率は、金額にかかわらず一律。また、損失になった年も「先物取引に係る繰越損失用」の書類で申告しておくと、その後3年先まで繰り越しすることができる。要は勝っても負けても申告したほうが良い。

海外FX業者

税率:

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下  40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

海外FX業者では収入の項目のうち「雑所得」の区分になり、「総合課税」の税率が適用になります。

国内FX業者と違って「累進課税」という、所得金額が大きければ税率も上がるという方式になってます。

まずはトレードで稼ぐ。そのあと税金。

誰でも分かると思いますが、脱税はダメです。

毎年12月になったら一旦一年間の損益を出してみましょう。

稼いでいたら確定申告の準備開始です。

分からない場合は国税庁のホームページを確認したり、管轄の税務署にお尋ねすると分かりますので決まりに沿って納税しましょう(^^)。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる