FXの勝率を上げる「押し目買い」「戻り売り」ポイントの見つけ方3選

今回の記事では、

  • 押し目買い・戻り売りって何?
  • 順張りをしたいけど実際どうするの?
  • どこでエントリーすればいいか分からない…。

こんな風に悩んでいる方への記事となっています。

FXは「トレンドフォローや順張りでしましょう」という話を聞いたことがある人は多いと思います。

でも、実際それを実践していくためにはもう一段階深い知識が必要となります。

それが押し目買い・戻り売りという戦略です。

今回ご紹介しているコツを理解して相場での悩みを解消できれば、トレードの結果も向上していくはずです!

目次

押し目買い・戻り売りとは

始めに、押し目買い・戻り売りとはどういうものなのか説明していこうと思います。

押し目買い・戻り売りのイメージが掴めればさらに具体的な戦略も分かってきますので以下に解説していきます。

押し目をロング、戻りをショートでエントリーする

押し目買い・戻り売りのイメージは上記の図のような形になります。

基本的にはトレンドが出ている状態での戦略です。

トレンドと逆方向に調整が入ったところで、トレンド方向へエントリーしていくというものです。

損切りラインは直前の高値、安値というのが一般的です。

ここをブレイクしてしまうとトレンドが転換した可能性が出てきます。

利確ポイントは2あります。

①直近の高値、安値 ②次の高値、安値となります。

1つ目は直近の高値、安値で利確するという考え方です。

直前の高値、安値は抵抗線として機能するかもしれないということを考慮してのポイントとなります。

トレンドが跳ね返されるかもしれませんからね。

堅実な利確ポイントです。

2つ目は次の高値、安値です。

トレンド継続の可能性を信じて利益をもっと伸ばそうという考え方になります。

注意点としては欲が出すぎて放置してしまい損切りとなることもあるためブレイクアウトしたら利確というスタイルがおすすめです。

ここまで大まかではありますが、押し目買い・戻り売りについてのイメージです。

押し目・戻りの判断方法

押し目・戻りを判断するためには、現状トレンド相場なのか判断するところから始まります。

トレンドが発生していないレンジ相場ではポイントを見つけることができません。

そこでボリンジャーバンド移動平均線を表示するとトレンド相場なのか、レンジ相場なのか判断がしやすくなります。

どちらのインジケーターでも基本的に各線が上昇しているのか?下降しているのか?横這いか?ということを見て判断します。

押し目買い・戻り売りのタイミングを知るための3つの方法

いよいよエントリーについての解説になります。

押し戻りが確認できたら反転する可能性の高いポイントまで待ちましょう。

以下の3つで反転する可能性の高いポイントを探しましょう。

  • トレンドライン
  • サポートライン、レジスタンスライン
  • フィボナッチリトレースメント

トレンドライン

トレンドラインはトレンド中の押し目買い・戻り売りのタイミングとして意識されます。

しかし、自分都合のラインだと正しく機能しません。

機能するトレンドラインが引けるようになるまでは大変ですが、引けるようになるととても重宝します。

それでは上昇トレンドでの押し目買いポイントを探っていきましょう。

トレンドラインが意識されるとこのようにラインにタッチしてトレンドが継続していきます。

そのため、ラインにタッチしたらロングエントリーとなります。

下落トレンドではこの反対となります。

トレンドが見えたらとりあえずトレンドラインを引いてみましょう。

サポートライン、レジスタンスライン

押し目買い・戻り売りのタイミングを図る場合、サポートライン・レジスタンスラインはとてもスタンダードな方法になります。

その中でもサポレジ転換したラインが押し目買い・戻り売りに最適です

チャートで確認してみましょう。

このようにレジスタンスだったポイントがブレイクされるとサポートラインに転換します。

そして押し目買いポイントとなり上昇しています。

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントも押し目買い・戻り売りのタイミングを図る場合によく使われます。

フィボナッチリトレースメントを表示した時に色々と数字が表示されますが、特に【38.2%】、【61.8%】、【50%】はとても意識されます。

チャートで確認してみましょう。

【38.2%】、【61.8%】、【50%】全て意識されてます。

特に38.2%、61.8%は意識されて何度も跳ね返しあってますね。

まとめ

押し目買い・戻り売りとはトレンドフォローや順張りにおける売買戦略の一つ。

  • トレンドと逆方向に調整が入ったところで、トレンド方向へエントリー
  • 損切りラインは直前の高値、安値
  • 利確ポイントは2つある

トレンド相場を発見したら反転する可能性の高いポイントまで待つ。

反転する可能性の高いポイントは以下の3つで探しましょう。

  • トレンドライン
  • サポートライン、レジスタンスライン
  • フィボナッチリトレースメント

一致するサインが多ければ多いほど予測した方向に動きやすくなります。

実際にチャートを見ながらトレーニングして稼ぎましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる