RSIをFXでシンプルに使って勝率を上げよう

目次

RSIとは

RSIとは、過去のある一定期間(基本的には14日間)の変動幅からみて、現在どれくらいレートが上下しているのかを0%~100%で表す指標です。100%に近いほど買われすぎ、0%に近いほど売られすぎを示します。
一般的に、70%以上になると「買われすぎ」とされ、30%以下に入ると「売られすぎ」と判断されます。

FXTFより引用

使い方

インジケーターの中の

「Relative Strength Index」

を探して選択します。

基本的な見方

RSIが70%以上⇒売り

RSIが30%以下⇒買い

 スマホのMT4で見るとこんな感じ↓↓

赤マルのところが買われ過ぎ、売られ過ぎのサインが出ているところです。

70%のラインを超えたら売りエントリー。

30%のラインを超えたら買いエントリー。

とてもシンプルですね。

逆張りで使うことが多いです。

注意点

RSIは一方向に強いトレンドが継続すると機能しにくいインジケーターです。

例えば強い上昇トレンドの場合、70%を超えたところで推移してしまい下がって来なかったりします。

RSIが有効な相場状況としては、一定の幅で推移するレンジ相場か、穏やかに推移するトレンド相場です。

そのため、方向感やトレンドの状態を判断するために「移動平均線」と組み合わせるとより読みやすくなります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

兼業トレーダーです。
まずはお金持ちになるというシンプルな目標に向かってスキルを磨いてます。
このブログが誰かの役に立てれば幸です。

コメント

コメントする

目次
閉じる